あなたの休日をもっと楽しい時間にするためのブログ

ユキタカラウンジ

映画

バットマンのライバル「ジョーカー」の過去が明らかに

更新日:

こんにちは、ユキマルです!

 

今回は2019年10月4日公開予定の新作映画、「ジョーカー」を紹介します!

 

JOKER

画像出典:映画ジョーカーオフィシャルサイト

 

今作ではバットマンのライバルとして有名な人気ヴィランである「ジョーカー」がどのようにして誕生したのかが明かされています。

 

オフィシャルサイトに公開されている予告編ではアーサーという男性が子供を笑わせていたり、街中でピエロに扮していたりと「人々を笑わせるコメディアン」を目指して努力している様子が見られますが、人々の反応はいいものとは言えず...

 

そんなアーサーの様子が次第におかしくなっていき、人々を煽動してデモのような事件も引き起こし段々と私たちがよく知っている「ジョーカー」の姿が現れてきます。

 

ユキマル
最初は母に言われた通り皆を楽しませる心優しい青年だったアーサーが、自らに降りかかる悲劇から次第に狂っていく様子がとても不気味に描かれていますね。

 

今作の監督はコメディ映画、「ハングオーバー!」シリーズの監督を務めたトッド・フィリップス。物語の主役アーサー・フレック(ジョーカー)役を演じるのは映画「ビューティフルデイ」にてカンヌ国際映画祭男優賞を受賞した俳優ホアキン・フェニックスです。

 

その他にも名俳優がキャスティングされていて、アーサーに大きな影響を与えた人気トーク番組の司会者であるマーレイ・フランクリン役としてロバート・デ・ニーロが抜擢されています!

 

余談ですがデ・ニーロは1982年に公開された映画「キング・オブ・コメディ」の主人公のルパート役として出演していました。

 

「キング・オブ・コメディ」はコメディアンを目指しているルパートという男が人気コメディアンであるジェリーに憧れ、彼の番組に出演して自分も人気になる。そのためなら手段を選ばないという狂った男の話です。

 

今作「ジョーカー」のアーサーとマーレイの関係性はまだ予告編では明らかにはなっていませんが、似たようなストーリーの映画に出演していたデ・ニーロがこのような役に選ばれたというのは、何か意味があるのでしょうか。

 

今回は10月4日公開予定の新作映画「ジョーカー」について紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

 

ジョーカーは今まで様々なオリジンストーリーがありましたが、今作はその中でもかなり現実的なストーリーで、社会や人間の闇が描かれたダークな作品となっているのではないかと思います。

 

ユキマル
今までのバットマンのシリーズを見ていればより楽しめるのはもちろんですが、個人的にはこの作品を見てからバットマンのシリーズに入り、ジョーカーというキャラクターを楽しむのもありではないでしょうか。

 

バットマンのシリーズをまとめて見るならぜひこちらのVODサービスの紹介記事もチェックしてみてください!

U-NEXTのオススメポイントとデメリットを紹介!

 

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

-映画
-,

Copyright© ユキタカラウンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.