あなたの休日をもっと楽しい時間にするためのブログ

ユキタカラウンジ

ガジェット

人をダメにするソファー 「Yogibo」で日常を快適に!

更新日:

こんにちは!タカマルです。

あなたは知っているだろうか...。

この世に、座ったら最後「やる気を無くしてしまい、動きたくなくなってしまう」ソファーが存在する事を...。

そう!そのソファーの名は「Yogibo」!

快適過ぎて動きたくなくなってしまう、「人をダメにするソファー」として多くの方をダメにしてしまった...はずです。

という事で、今回は毎日をさらに快適に過ごして欲しいという思いを込めて、「Yogibo」の中でも大人1人が楽々と横になれる大きさを持つ、「Yogibo Max(マックス)」とMaxだと大きすぎるという方へ小さめの「Yogibo Midi(ミディ)」の二つを紹介します。

 

 

Yogibo Max(マックス)とYogibo Midi(ミディ)

Yogiboの中でも、一つで様々なシチュエーションに対応できる大きめのビーズソファーです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

Yogibo Max(マックス)って何?

Yogibo Max(マックス)はイス、ソファー、ベッドなど、その大きさと柔らかさを生かして、様々なシチュエーションに対応できる万能ビーズソファーです。

まずは大きさから見て行きましょう。

 長さ重さ
YogiboMax(マックス)約170cm約75cm約7.7kg

大きいです...。ビーズソファーの中ではとても大きいものです。

ただ、ビーズを使用していますので、大きさに対して重さは大した事はありません。
室内での移動は容易に出来てしまいます。

「イス・ソファー・ベッド」、このYogibo Max(マックス)一つで全て解決してしまいます。

お部屋に余裕がある方にはとてもおすすめです!

 

Yogibo Midi(ミディ)って何?

Yogibo Midi(ミディ)はYogibo Max(マックス)を少しサイズダウンしたものとなります。

大きさを見ていきましょう。

 長さ重さ
Yogibo Midi(ミディ)約120cm約65cm約5.5kg

マックスに比べて長さが50cm短く、重さも5.5kgなので一人暮らしのお部屋に置くには最適な大きさです。

 

Yogibo Max(マックス) / Yogibo Midi (ミディ)の使い方

① 椅子として使う

画像出典:Yogibo(ヨギボー)公式

シンプルにリクライニングチェアーとして使えます。

チェアーとして使うには、Yogibo本体を立てて、そこに腰を下ろすだけ!

最初はコツが要りますが、慣れてくればリクライニングは自由自在!しっかり体をサポートしてくれて、頭まで包み込んでくれます。

テレビや動画の視聴、読書など様々な場面で、究極のリラックスを体験できますよ。

 

② ソファーとして使う

画像出典:Yogibo(ヨギボー)公式

Yogibo Midi(ミディ)、Yogibo Max(マックス)を横にすると2人または3人掛けのソファーになります。

家族や恋人と、もちろん1人でもゆったりテレビを観たり、映画を観たりするのに最適です!

さらにオプションで「Yogibo Roll Max(ロールマックス)」を使えば背もたれと肘置きのある快適ソファーに早変わり!

 

3、ベッドとして使う

画像出典:Yogibo(ヨギボー)公式

Yogiboはベッドにもなります。

ベッドとして使うにはとても簡単で、Yogibo Max(マックス)、Yogibo Midi(ミディ)を横に置いてその上に寝転ぶだけです。

Yogibo Max(マックス)は170cmありますが、身長が170cmを超える方は足がはみ出してしまいますが、全然気にならずにお昼寝が出来ます。

体をじんわり包み込んでくれるのがとても心地よく、起き上がりたくなくなります。

ただ、素材がとても柔らかいので、少し起き上がりにくいです。

 

Yogibo Max(マックス)、Yogibo Midi(ミディ)のメリット

① 座りごごちの良さ

身体をビーズクッションに預けられるので、腰に負担がかからなく、身体を痛くせずに極上のリラックスを体験出来ます。

 

② 使用用途の多さ

イスにして読書やテレビを見る。ソファーにして家族や恋人とテレビを観たり談笑する。ベッドにしてお昼寝をする。

使用用途がたくさんあります。故に一度座ってしまったら立ちたくなくなってしまうでしょう!

 

③ 軽いので移動が楽

1人で持ち上げる事が出来るほどの重量なので、Yogiboを室内で移動するのがとても楽です。

掃除の時にも持ち上げて避けておけるので、邪魔になる事はありません。

 

④ 豊富なカラーバリエーション

17種類ものカラーバリエーションですので、お部屋に合わせたカラーを選べます。

カバーの変更もできますので、色を変えて気分転換をすることも!

 

⑤ 楽なメンテナンス

カバーを汚してしまっても、取り外して洗う事が出来ます。

さらにYogiboは1人で移動する事が出来る重さなので、掃除機をかける際も立て掛けておけば邪魔になりません。

 

Yogibo Max(マックス)、Yogibo Midi(ミディ)のデメリット

① 起き上がりづらい!

Yogiboはとても柔らかいので、座ったり、寝っ転がったりすると起き上がるのに苦労します。

Yogiboから簡単に脱出するには、転がり下りるのが一番早いです。

 

② マックスは大きすぎる!?

サイズが大きいので、邪魔になってタンスのような収納スペースにしまう事が難しいです。

そこまでの広さがないお部屋に置くのにも適していないでしょう。

購入する時は、お部屋の1スペース分を占めてしまう事を覚悟しなくてはなりません。

「Yogibo Max(マックス)」が大きすぎる場合は、是非「Yogibo Midi(ミディ)」をご検討下さい。

 

③ 購入した直後は匂いが気になる!

購入して届いた時は、プラスチックのような独特な匂いがします。

使っているうちに気にならなくなってきますが、自然に匂いが取れるのに1週間程かかります。

もう少し早く匂いを取りたい場合は、カバーを洗濯して干せば気にならない程になります。

 

④値段が高め

無印良品やニトリなど他のビーズクッションに比べ、値段が高いのでなかなか気軽に買えるものではありません。

Yogibo Max(マックス)・・・ 29,800円(税抜)

Yogibo Midi(ミディ) ・・・ 25,800円(税抜)

タカマル
値段は高いですが、値段以上のものなので購入する価値ありです!

 

人をダメにするソファー「Yogibo」で日常を快適に!:まとめ

いかがでしたでしょうか?

この「Yogibo」は一度座ったら本当に立ち上がりたくなくなってしまいます。

それほどまでに快適なんです。

値段は高めですが、それ以上の価値がありますので、是非ご検討なさってみては!

あなたも是非「Yogibo」を手に入れて、快適な日々を過ごして下さい!

 

-ガジェット
-, ,

Copyright© ユキタカラウンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.